流行りに乗っかるとお金がかかる!破産宣告をしない生活とは?

流行りに乗っかるとお金がかかる!破産宣告をしない生活とは?

どのような人が破産宣告をする事になるのか?一つの具体的な事例としては物欲を抑える事が出来なかった人がなる事もある。

 

キャッシングに抵抗力が無くなった時点で欲しいものはクレジットカードや他の物で買うっていう考え方に移行するからです。

 

 

私は昔からファッションが大好きで、休みの日はいつもショッピングをしています。日頃から雑誌やモデルのブログやSNSで流行りのスタイルや持ち物をチェックして、好きなモデルの愛用している化粧品や健康食品をメモして、同じものを買って試したりしています。

 

 

それを通勤の空き時間やお昼休み、仕事から帰って寝る前の数時間、休日など基本空いた時間があればずっとやっています。私は、欲しいものはショッピングリストにまとめています。

 

 

服や靴、化粧品からネイルのデザインまで次に試すファッションを明確化するためにリストアップしています。

 

 

 

欲しいもののとなりに、価格も書いているのですが、とにかくお金がかかりますね。なんで女子はこんなにお金がかかるのでしょう。

 

 

美容院、ネイルサロン、エステサロン、ファッション、もうお金がいくらあっても足りませんよね。私は学生の頃はアルバイトを、2つ、掛け持ちしながらよく働きました。欲しいルイヴィトンのバッグを、買うためでした。

 

 

夏休みは塾で朝から夜まで授業に出て、念願のバックを買いました。そのバックは今でも大事に持っています。社会人になっていくつかクレジットカードを持つようになり、カードローンなどで、簡単にブランド物も変える能力になりました。

 

 

しかし実際社会人になって見ると、本当に大切なものがはっきりわかるようになってきました。

 

 

学生の頃は流行っているからとか好きなモデルと同じものを持ちたいという理由で買い物をしていましたが、今は仕事に必要なスーツとか、使いやすいバッグとか、スマホも仕事に便利なモデルを選ぶようになり、無駄なものを買うことがなくなりました。

 

 

部屋には買ったけど着ない服がいっぱいでしたが、今は断捨離をして、無駄なものを処理する生活にしてからライフスタイル自信もスッキリしてきました。今でも欲しいものはいっぱいあります。

 

 

 

しかし昔のようにあれもこれも欲張るようにリストに入れることはなくなりました。